3月は立体地図作成

3月は立体地図を作成しました。

これは昨年12月に行ったユニバーサルデザインの続きです。

作成手順は次のとおりです。

  1. 島根県の活断層図を用意する。
  2. カーボン紙を使い、活断層図を板に写しとります。
  3. 活断層の部分には厚さ1mm、あるいは2mmのゴム板を細長く切ってはります。これが断層になります。
  4. その断層の近くに「点字シール」を貼ります。番号の点字です。
  5. 地図の部分を「膨らむ絵の具」で描いていきます。
  6. 膨らむ絵の具は乾きが悪いので、ドライヤーで乾燥させました。
  7. 乾燥したら今度は電気ストーブで加熱します。絵の具が数ミリ膨らんで立体地図になります。
  8. 板の開いているところに点字の凡例を張り付けます。断層の近くの番号シールと対応し断層の名前などがわかります。

完成品は視覚障がい者に役立てていただくために寄贈します。

そして、そのあとは100均で買ってきた立方体の角材をつかってオリジナルサイコロ作りをしました。好きなデザインで描いてもらう。子供たちにはこれが一番いいようです。

のびのびと楽しんでいます。

その中で、おもしろい発想の子がいました。サイコロの各面がグーチョキパーになっています。それを転がすと一人じゃんけんができるのだと。う〜ん素晴らしい発想です。


最後に修了式を行い、修了証をお渡しして平成30年度の活動が修了しました。

会長の新宮ですが、今回で交代となります。長い間お世話になりました。

4月からは新体制で、松江少年少女発明クラブはまだまだ続きます!

広告

1月26日の活動はキーホルダー作り

平成31年(2019年)最初の活動は、昨年お世話になった秋元先生のご指導の下、「金属を溶かしてキーホルダーを作ろう」という内容で行いました。

CA3J0885

左:秋元先生

手順としては、板の上に紙粘土を使って型を作り、上からも板で押さえて、横の隙間から溶かしたスズ(約200°Cの低温で溶ける)を流し込む。

冷めて固まったら、型から外し、ヤスリなどを使って形を整えて完成です。

 

CA3J0878

型はこんな感じです

CA3J0884

そして材料のスズはこういう製品を使用しました

CA3J0874

ヤスリで仕上げます。剣を作っているようです


作品例

魚や猫の形に仕上がっています。鮫が剣を持っているのもあります。

 

2018年の活動を振り返って

会長の新宮です。

昨年から多忙を極めてしまい、更新が滞ってしまいました。ここでまとめて昨年の活動を振り返ります。

1月は先の記事に書いたとおりです。

2月の活動

2月は、例年成果発表会を行っています。

2018年は2月24日に松江市の市民活動センター(スティックビル)を会場に成果発表を行いました。その時の様子を写真でご覧ください。

発表会の前半は、子供たちによるプレゼンがあります。そして後半は、小さな工作ブースで工作を楽しみます。この工作ブースは一般の皆さんも参加可能です。もちろん興味あれば大人でも参加できます(子供優先ですが・・。)

 

 

3月の活動

3月の活動は、2017年度最後の活動となります。

前回が好評により再度、3月31日にプログラミングロボットを製作、そして試走させました。

講師は竹下さんです。

ロボットのほうは、パソコンからロボットに送るプログラムが前回は光による伝送でしたが、今回は音声によるものでした。

子供たちは楽しそうに取り組んでいました。

そのあと、2017年度の修了式を行いました。今回で卒業する子供たちもいますが残ってくれる子供たちもいらっしゃいます。

一年間ありがとうございました。

4月の活動

4月は開講式のあと万華鏡を作りました。

ガラス板を使わず、プラ板に薄いステンレス板を貼り付けたものを鏡にして作成しました。

子供たちの反応はとてもよかったです。

r0013193.jpg

5月の活動

5月26日は例年どおりに化石採集に出掛けました。これは子供たちには人気のプログラムなのですが、ジオパークの活動でこれからは規制されます。ですので今回が最後の化石採集です。

(他地域のジオパークでも、化石採集をしてもそれは持ち帰ることができないというのもあるようです。確かに、乱獲はよくないですが、大型重機でも持ってこない限り、子供たちが取る化石(岩石)など、ごくわずかです。むしろ何でも規制をしてしまうと、興味を持てなくなる可能性もあります。

井尻正二の「科学論」でも、

古生物学入門の第一歩は、けっして、化石の学名を暗記したり、古生物学の公理をおぼえたりする、悟性の訓練にあるのではなく、まず、ハンマーを大地に打ちおろすという、積極的な、実践的な行動をすることである。すなわち、ハンマーをただ一つの武器にして、山野を歩き回り、谷川につかって化石の露頭をさぐり、手に豆を出してハンマーで岩石をたたき割る、という、自然にたいする積極的な行動にはじまり、自然のままの姿で、地層にうもれている化石っを、みずからの手でほりだし、その産状・形態・色彩などを。自身の目でみ、主観的に感覚し、さらにその化石に一つ一つ採集番号をつけ、新聞紙にくるみ、リュックサックにいれて背負いあげるといった、肉体的な経験によって、化石の固さ・重さ・もろさなどを、全身で体験することにある。

とあり、こういう活動に規制が入ることは本来好ましくない。一方で、近年大人の「コレクター」が荒らす。これは興味を超えて欲の塊であって、そういう者たちは規制されなければならない。

 

 

6月の活動

6月23日は、スタッフの根山さんによる三味線作りでした。

お菓子などの空き缶のボディに、ネックは木材で三本のナイロン弦を張って出来上がります。

空き缶にピックアップをつければアンプに流すこともできます。ちゃんとチューニングしたらそれなりの演奏ができました。

 

 

6月の活動の後半は、チャレンジコンテストの説明会でした。今年も有志が全国に挑戦することになりました。

 

 

7月の活動

7月28日は田宮の工作キットを使って、ピンポン玉を運ぶロボット作りと簡単な競技を行いました。講師は、スタッフの福田さんです。

キットは皆が同様に組み立てて、コントローラーで走らせるのですが、ピンポン玉を運ぶ部分は各自が各々のアイデアでくふうします。

なかなかピンポン玉を運べず、何事も簡単には行かない、くふうは必要ということがよくわかりました。

8月の活動

8月25日はLED行灯作りをしました。ありきたりの工作ですが、それぞれ個性的な作品が出来上がりました。

 

後半はチャレコンの相談会も行いました。

dsc_0280

作品が形になってきている一方で、参加を断念するチームも。最近の子供たちは夏休みもいろいろ忙しいのです。

9月8日はチャレンジコンテスト地区予選

結局参加は1チームになってしまいましたが、地区予選を行いました。

松江から宇宙へということで、現実にはありえないセッティングですが、さすが子供たちの素晴らしい発想です。

作品はまずまずの出来上がりです。ビデオを撮って、それを送り、全国を目指します。(全国大会に参加できました!!)

IMGP3229.JPG

9月の活動

9月22日は、スタッフの根山さんによる水飲み鳥製作でした。

水飲み鳥と言えば、エーテルの入ったガラス製を思いつくのですが、水とストローなどがあれば簡単に作れてしまいます。

ただ、作りは微妙でうまく調整しないと全く動かなかったりと「わかる」までは「なんでかな?」の連続でした。

原理を考えるのも大切な活動です。

10月の活動

10月はスタッフの竹下さんを講師にプログラミングロボット体験を行いました。内容はキットの組み立て、パソコンによる動作の設定、そして走らせる。3月と同内容でした。

Windows10は相性が悪く、本当に苦労しました。ダメダメOSです。思わぬところでつまづくのがこの似非プログラミングの世界です。

11月の活動

11月24日はエネルギーに関連して、先月に続いてスタッフの竹下さんが講師をされました。内容はソーラーカーでした。

この日はとても天候に恵まれ、会場のエステック株式会社の屋上をお借りして、ソーラーカーの試走を楽しみました。

ただ、冬の日差しは傾いており、走る向きによっては速度が落ちたりと安定した走りではなかったです。

屋上からは山陰の霊峰大山がよく見えました。年に何度かしかないようなすっきりと晴れた景色を楽しむこともできました。

20181124143051.jpg

また、この日は会場のエステック株式会社のクリスマスイルミネーションも点灯され、会の終わりにそれを眺めて解散しました。

CA3J0872

CA3J0872

12月の活動

12月22日の活動は、スタッフの三輪さんによる、ユニバーサルデザイン及び点字の学習でした。これは例年のプログラムになっているのですが、将来福祉のほうで画期的な発明ができるとよいという思いが込められています。

また、島根県の活断層図の立体模型も作りましたが、成果はいまいちでした。2019年3月に再度、全く別の方法で再挑戦する予定です。

当日の様子は、山陰中央新報(12/23)に掲載されました。

教育長表敬訪問

12月26日、松江市教育委員会にて教育長訪問をさせていただきました。お忙しいところ時間を割いていただいた関係者に感謝いたします。

当日の様子は12月30日の山陰中央新報に掲載されました。

本年は、チャレンジコンテスト全国大会出場、島根県発明くふう展での上位入賞など、よい成果があったのでその報告に行ったのです。

 

松江市民活動フェスタ2017

今年も松江市民活動フェスタに参加させていただきました。

フェスタの運営委員の皆さんありがとうございました。

松江少年少女発明クラブは展示ブースでの参加と、ステージにも参加しました。

展示ブースでは活動紹介中心に以前から製作した作品などを展示しました。多くの方が足を止めて展示物を見て下さいました。

ステージは午後3時半頃からでした。集まった会員の皆さんはステージに立って自分たちの取り組みを紹介しました。製作したLEDライトを見せたり、鼓をみてもらったり。ステージ下では、過去のチャレコン作品を走らせてもいました。

最後にユーミンの「やさしさに包まれたなら」に合わせて鼓の演奏を披露して終わりました。

会場の皆さんも楽しんで下さったようでした。

平成29年5月の活動

5月27日(土)の活動は島根半島の古浦海岸での自然観察(化石採集)でした。しかし、前日まで低気圧の影響で気圧が低かったため、27日は天気の回復とともに西風が強く、海岸は波が高い状態でした。夕方にかけて多少波がおさまる予報でしたので、開始時刻を少し遅らせて海岸を歩きました。

しかし、古浦層の化石産地までは行けませんでした。途中に波を被るところがあり危険だったからです。今回は、途中の礫浜に落ちている礫(丸い石)の中から化石をさがすことにしました。

見つかった化石は、ヒメタニシ、シジミ、クサビイシガイ、イシガイ、植物化石でした。礫浜で一番多かったのはシジミの化石でした。

R0011863

お天気はよいのに、波が高いのが残念でした

R0011860

化石採集の様子

R0011861

帰り道・・・化石はとれたでしょうか?

化石産地への往復の浜にはたくさんの海草やクラゲなどが打ち上げられていました。そういうものを観察しながらの移動です。

R0011862

楽しかったかな?

駐車場に戻ってから、化石について簡単な説明を行いました。次回は工作をする予定です。

H29年度が始まりました

4月22日、松江少年少女発明クラブの平成29年度の活動がスタートしました。昨日はお休みのお子さんもあって5名でのスタートでした。

開講式での簡単な自己紹介のあと、地形図から立体模型をつくることに挑戦しました。

地形図は国土地理院の「地理院地図」のデータ、島根県中部にある三瓶山(さんべさん)の地形図を1/20000の縮尺で使いました。

この地形図の上で等高線に沿って立ち上げ、立体図を作っていきます。

最初に、地形図(平面図)が地形をどう表現しているのかということを説明しました。

山の絵(側面図)が平面図でどのように描かれているのか。標高を表す等高線には500など数字の入っているものとそうでないものとがあって、それをどう読むのか。それをざっと学んだあと工作に挑戦しました。

地形図の等高線に沿って、標高100m(100/20000m=0.005m = 5mm)幅の紙を貼って立ち上げ、その上に地図を等高線に沿って切り抜いたものを張り付けて、標高100m毎にたちあげていきます。

それを繰り返すことで、山が完成していきます。

地形を読むよい練習になりました。ちょっと離れた小山やすり鉢状の地形やその中の湖など地形をちゃんと読むことでそれを作ることができます。

最初はがやがやとしていた会場も徐々に静かになり、みんな集中してがんばりました。疲れたという声もちょっと聞こえましたが、それ以上にすごい集中力です。こどもたちのこうした集中力、2時間くらいが限度という意見もありますが、もっと持続します。本当に、すごいです。でも、多分昨日は疲れてよく眠れたのではないでしょうか?

一緒にいたお母さんが手伝おうか?と言いますが、こどものほうは「いい」と言います。自分で頑張るんだって。それもすごいことです。そばでそういう姿を見ていてこどもたちの内に秘められた可能性というものを感じました。

時間内に完成したこどももできなかったこどももありましたが、そういう差はあってもどれも素晴らしい時間を費やした作品に仕上がっていました。

また成果発表会で登場することと思います。

写真は、その作成風景です。

工作のあとの茶話会で、改めて自己紹介と工作の感想を話し合いました。人前で自分の思いを述べることはこれから大人になっていく上でとても大切なこと。新たな一歩に違いありません。

本年度もよろしくお願い致します。

3月25日は平成28年度最後の活動日でした

3月25日は本年度(H28年度)最後の活動日で、工作を行いました。

今回の工作は電線管を使った篠笛作りです。

完成目標はこんな感じです。

DSC00265

7孔のb管です。本当は6孔のA管をつくろうと資料を準備していましたが、この方が吹きやすい気がして当日急遽変更しました。当日急遽変更ということで、仕様はペーパーではなく、ホワイトボードに書きました。

DSC_7659

この笛、ギター用のチューナーで確認すると若干音が高いです。とはいえ、短時間の工作で作るもので、穴の位置も厳密に調整しながらというわけにはいかないので、この仕様で作ることにしました。

試作品の穴あけは彫刻刀を使って行いましたが、当日はボール盤を使い、ドリルで穴あけをしました。事前の確認で、木工用のドリルでないと、パイプに無理な力がかかって穴が空く前に折れてしまいます。木工用ドリルでもあまり急ぐとヒビが入る場合もあるので慎重な作業が必要です。

数名で協力しあいながら作成しています。

笛は何とか完成しました。前回この会で笛を作ったのはもう4年くらい前になりますが、その時はもう少し薄手のプラ管を使用していました。前回はできてもなかなか音の出せないひとばかりでした(スタッフ以外そのときの会員メンバーはいません)が、今回は完成後あちこちから笛の音が聞こえてきます。音が出ているようです。

笛が完成すると、茶話会、そして平成28年度の修了(終了)式です。

茶話会では、それぞれが本年度の活動を振り返りました。この中には来年度も継続参加してくれる方もいらっしゃいます。

そして、最後に今年度の終了証をお渡しして本年度のすべての活動を終わりました。(修了証とせず、終了証としたのは、今年度は終わったけど来年度も続けて頑張りましょうって意味らしいです。)

会長より終了証を渡して、今年度の活動が終わりました。

参加してくれた子供たちに感謝します。ありがとう。そして、継続する子もしない子も、日々いろいろなことに興味(関心)をもって接して、その中で新しい発見をしたり、工夫をしたり、日々大切に過ごしてくださいね。

本年度もありがとうございました。